emath講座:垂線の作図

こんにちは。今回は垂線の作図に関してです。

\Suisen垂線コマンド

emath

\begin{pszahyou*}[ul=6mm](-1,8)(-1,6)
\tenretu{A(0,0)sw;B(8,0)se;C(4,6)}
\Suisen\C\A\B\P\cdots①
\Put\P[s]{P}
\Drawlines{\A\B;\C\P}
\Tyokkakukigou\B\P\C
\end{pszahyou*}

基本の作図です。①は点Cから線分ABに下ろした垂線と線分ABの交点を点Pとしますという意味。
\Tyokkakukigouは直角の記号を表わすコマンド。\Kakukigouと同じで, 直角記号を表示させたいところの角を時計回りに, B→P→Cとする。

プリントアウト用pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)