emath講座:辺を任意の比で分ける方法

こんにちは。今回は内分点の表し方です。

\Buntenコマンド

emath

\begin{pszahyou*}[ul=10mm](0,5)(-1,1)
\tenretu{A(0,0)sw;B(5,0)se}
\Drawline{\A\B}
\Bunten\A\B{3}{2}\C}\cdots①
\Put\C[n]{C}
\HenKo[*]\A\C{\maru{3}}
\HenKo[*]\C\B{\maru{2}}
\end{pszahyou*}

\Buntenコマンドは詳しくは, emath Wikiで見ていただきたいのですが, ①で何をしているかというと線分ABを3:2に分けた点をCとしなさいと実行しているだけです。たったこれだけで, 任意の線分を好きな比に分けることができます。
このコマンドは作例でも出てきますが, 結構使います。
\CandC, \LandL, \CandL, \Candk, \kandk
のようなコマンドと, 組み合わせれば, 好きなように図が書けますよ。

プリントアウト用pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)