emath講座:平行四辺形の作図②

こんにちは。今回は平行四辺形の作図②ということで行きましょう。

三角形の作図を2回使って, 平行四辺形を作図しよう。
今までのサンプルの三角形の作図方法を組み合わせれば, 平行四辺形は作図できます。あぁそんなことしなくても, 4つの辺の点が分かってるからいいです。そういうことは, おいておきましょうのパート2。

emath

\begin{pszahyou*}[ul=6mm](-1,8)(-1,5)
\tenretu{B(0,0)sw;C(6,0)se}
\Candk\B{5}\B{65}\AA\A\cdots①
\Put\A[nw]{A}\cdots②
\CandC\A{6}\C{5}\DD\D\cdots③
\Put\D[ne]{D}\cdots④
\Takakkei{\A\B\C\D}\cdots⑤
\HenKo[*]\B\C{6\,cm}
\HenKo[*]\A\B{5\,cm}
\Kakukigou<1>\C\B\A(10pt,7pt){$65\Deg$}
\end{pszahyou*}

①, ②でABの長さと\angle{\text{CBA}}の角を指定した△ABCを作図し, 点Aを決定した後, ③, ④で△ACDを作図し, 点Dを決定し, ⑤で平行四辺形を描いている。 これに関しても作品で使用例を紹介します。

プリントアウト用pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)