emath講座:ソースコード:連立方程式

こんにちは。emathで連立方程式の計算問題をつくるときのソースコードの一例です。このコードの完成品はこちら

emath

%***** (C) 数学問題提供サイト数樂
\documentclass[fleqn,leqno,11pt,a4j]{jarticle}
\usepackage{emathPp}
\begin{document}
次の連立方程式を解きなさい。
\begin{enumerate}[(1)]
\item$\begin{emcases}
2x+5y=-3\\
x+2y=-1
\end{emcases}$
\vfill
\item$\begin{emcases}
3x+4y=20\\
-2x+3y=-2
\end{emcases}$
\vfill
\item$\begin{emcases}
3x-2y=8\\
2x-4y=8
\end{emcases}$
\vfill
\item$\begin{emcases}
5x+3y=2\\
3x-2y=24
\end{emcases}$
\vfill
\item$\begin{emcases}
3x+5y=9\\
4x+2y=-2
\end{emcases}$
\vfill
\end{enumerate}
\end{document}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)