emath講座:ソースコード:三角形の作図(1辺とその両端が既知)

こんにちは。今回は1組の辺とその両端の角が分かるときの三角形の作図。

emath

\begin{pszahyou*}[ul=8mm](0,5)(-2,6)
\tenretu{B(0,0)sw;C(5,0)se}
\kandk\B{60}\C{-50}\A\cdots①
\Put\A[n]{A}
\Takakkei{\A\B\C}
\end{pszahyou*}

\kandkを使った三角形の描写。先ほどの三角形では辺の長さをコンパスで書くようにして求めましたが, 今回は分度器を使って書きましょう。
まず端点のB, Cの設定は同じです。①の\kandk\B{60}\C{-50}\AはBの端点から60^{\circ}の方向角を持つ直線とCの端点から-50^{\circ}の方向角を持つ直線の交点をAとしますという意味です。下図参照。この図からわかるように, 次のように記述しても同じ結果が得られます。
\kandk\B{60}\C{130}\A

プリントアウト用pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)