中学数学:中3平行線と線分の比⑤・神奈川県

こんにちは。今回は神奈川県の入試問題より, 平行線と線分の比に関する問題です。それではどうぞ。

図において, 四角形ABCDは平行四辺形である。また, 点Eは線分BC上の点であり, 三角形ABEは正三角形である。さらに, 線分ABの中点をFとし, 線分AEと線分CFとの交点をGとする。AB=6cm, AD=7cmのとき, 線分AGの長さを求めなさい。
(神奈川県)

プリントアウト用pdf

解答pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)