トーマスエジソンの「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。」を考えてみる

こんにちは。相城です。

エジソンの格言

皆さんご存知の格言

天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。-トーマス・エジソン-

これを考えてみましょう。

まず1%のひらめきがないことには99%の努力をすることができないんですかね。この言葉、そう取れますよね。この1%のひらめきってじゃどこから生まれるのって話ですよ。この1%のひらめきが生まれるのは天武の才とでもいうべきものなのでしょうか?いやいや私はそんな天武の才に頼っていたのでは、ひらめきなんて限られた人にしか生まれませんよ。

なんかしっくりこない名言だなぁって思ってたんですけどね。次のアインシュタイン博士の言葉を見て考え方が変わりました。

アインシュタインの格言

アインシュタイン博士はこう言っています。

私は、それほど賢くはありません。
ただ、人より長く一つのことと付き合ってきただけなのです。
-アインシュタイン-

物ごとと長く付き合う。これは長く努力をすることで開けてくるものがあるということでしょう。

99%の努力が1%のひらめきを生む

この言葉から、私はトーマスエジソンのあの言葉を次のように解釈しています。

99%の努力があるから1%のひらめきが生まれる。

やはり1つの物事についての好奇心や探求心からひらめきって生まれるんじゃないでしょうか。

よく成功者を語るとき努力し続けられる人と言いますが、私は単純な努力というより、考えながら努力し続けられる人こそにひらめきが生まれるのではないでしょうか。

考えながら走り続けられる人には、また違う世界が用意されているのでしょうね。
それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)