学歴というものはどうなるのでしょう

こんにちは。相城です。

学歴より今何ができるか

今回は正直なところ、学歴ってどうなるんでしょうってことです。
現在の世の中の流れから見ると、学歴より、今何ができるかがまさに問われていると思うんですよ。これは有名サロン(HIUやキングコングの西野さんのサロン)に入ってみてつくづく思いました。

勉強できますじゃ世の中通用しなくなってきてますよね?
塾の先生が言うのは、ちょっと違うかもしれませんが?いやいや世間の流れをみるとそうでしょ。嘘言っても仕方ない。

英語も数学もどう使うか

英語だって、文法なんてあんまり重要視されなくなっていますよね?
むしろ英語を使って何ができるか。
例えば、道に迷って困っている異国の人と英語を使ってうまくコミュニケーションが取れるか。そういったことが重要視されていますよね。

もちろん正しい英語を話すのには正しい文法が必要ですが、現在の何処かの大統領の英文法は間違っているなんて言うぐらいなので、あんまり気にしなくてもいいかもです。英語の先生ごめんなさい。こんなこと言っちゃって。

でも私の知っている方で、英語の学力だけなら日本の大学ならどこにでいける人で、英語が喋れなかった人を知っておりますので。
英語の成績=英語の話す力だとは思っておりません。

数学の勉強が好きです。じゃあ、あなた数学を使って何か社会貢献できていますか?どうやって数学を社会に紐づけていくんですか?ってことなんでしょう。
数学ならプログラミングや経済学など幅広く役に立ってくるかもしれません。

勉強以外に何ができるか

おそらく、勉強の出来はいいとして、あなたは勉強以外に何ができますか?
ってほうが大事なんじゃないでしょうか?

学歴はあって邪魔にならない程度

年齢を重ねると学歴より、今まで何をやってきて、どういう経験を積んできたかが重要で、それで今何ができるのかを見るわけで、学歴なんてあんまり言わないですよね。

巷ではそろそろ学歴社会の崩壊が始まっているんじゃないでしょうか?

学歴があなたを幸せにしてくれた時代があったかもしれませんが、これからの時代は学歴はあって邪魔にならない、そんな時代になるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)