中学数学:中1規則性①鹿児島県改

こんにちは。相城です。いきなりですが, 規則性の入試問題です。

1辺の長さが4cmである黒い正方形のタイルの周りを,1辺の長さが1cmである白い正方形のタイルで,すき間なく重ならないように囲む。

たとえば,図1のように,黒いタイルが1枚のときは,白いタイルは全部で20枚必要であり,図2のように,黒いタイル2枚を横一列に並べるときは,白いタイルは全部で34枚必要である。
このとき,次の(1)~(4)の問いに答えよ。(鹿児島改)

(1) 黒いタイル3枚を横一列に並べるとき,白いタイルは全部で何枚必要か。

(2) 図3のように,黒いタイルn枚を横一列に並べるとき,
白いタイルは全部で何枚必要か。nを用いて表せ。

(3) 図1の図形の一番外側の周りの長さは24cm, 図2の図形の一番外側の周りの長さは34cmです。図3のように、黒いタイルn枚を横一列に並べるとき, 一番外側の周りの長さは何cmになるか, nを用いて表せ。

解答pdf

プリントアウト用pdf

1 COMMENT

石川

(2)等考え込んで(答えなので略)て出て満足してしまった、。展開忘れです。悔しい

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)