自分の力ではどうにもならない人間関係を切り抜けるには

こんにちは。相城です。さて、自分の力でどうにもならないことがあったらどうします?
特に人間関係です。人の悩みのほとんどは人間関係だと思っています。勿論金銭的なこともあるでしょうが、今回は人間関係について考えてみましょう。

人はそう簡単に変わらない

まず、自分の力、つまり発言や行動で相手を変えようとしてみました。これは皆さんやってみたと思います。でも何かずれたことをまたやってくるっていう場合ありますよね?そうじゃないよ。そこは分かってって(笑)。でも人ってそう簡単に変わらないんですよ。年齢が上がれば尚更です。ですから、人はそんなに簡単に変わらないって言うことを受け入れましょう。

気づかない人は気づかない

残念ながら気づかない人間はいます。気づいていないというか感覚のずれがあるので、仕方ないのですが。私も含め大体の人は自分が中心ですから。前途した自身の発言や行動で相手を変えようとしたのもこちらの都合ですからね。でも本当はその人のために変えようとしているんですけどね。
その人のことを思って行動しても、受け入れる方の準備ができていないので、空振りになるんです。

一言言いたい人はいる

どうしても相手の話について、何かと一言言ってくる人いますよね?なんか俺の方がよく知ってるんだぞとばかりに。いつもそうやって相手のマウントを取りに来る人は、ある意味ありがたいので、大きな器で受け入れましょう。よく勉強されているので、その意見を存分に言ってもらうことに努めましょう。反対にこちらが言い返すと、またマウント取りに来ますよ(笑)。そういう言う人は相手には自分の主張を言いますが、相手から言われるのは嫌いますからね。自分のつくり上げた世界観が絶対になっていますから少々厄介です。
ある人は黙して語らず、相手の話をよく聞いてくれるそうです。どちらが正解とも言いませんけどね。ちなみに私は???です。

感情をコントロールして腹を立てない

それで、感覚のずれが過ぎてくると腹が立つんですが、腹を立てたりするのはやめましょう。腹を立てたり、喧嘩するってことは、その相手と同じ土俵にいる証になるので、レベルの違いを見せつけるためにも腹を立ててはいけません。冷静に静観していましょう。また、そんな奴のために腹を立てることで時間を奪われるんですよ。思考することで時間を奪われるんですよ。
つまり、自分の力でどうにもならない人間関係は、過度に悩む必要はないですよ。かかわる時間も必要最低限にしましょう。何かあったら、キターって大きな器で受け入れましょう。

どうしようもない奴のために悩むのはやめよう

特に自分の夢などにケチをつけてくるやつとか、人を試してくる器の小さな人間とのかかわりはやめた方がいい。伝染してくる。

合わせられるならこちらが合わせましょう。仕事の付き合いなら最低限にとどめて必要以上の会話はしないこと。そういうやつはしゃべったことを自分の腹の中にしまい込んでおくことはまずしないですからね。言いふらされるのが落ちです。

どうしようもない奴のために悩まず、頭を下げて邁進していきましょう。それがあなたの度量を大きくしますよ。私自身あまりできていないので、しっかりと取り組んでいきたいです。それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)