区分求積法を視覚的に捉えてみよう

こんにちは。相城です。

さて、高校生で習う積分の求め方で区分求積法があるのですが、曲線で囲まれた面積をいくつかの長方形に分けていって、その長方形をドンドン細かくしていくと面積が求まるよねって話だったと思います。なんか適当に書いてますが、間違ってたらご指摘ください。

それをGeoGebraで視覚的に作ってみたのでご紹介します。スライドバーを直接操作するか、画面左下の再生ボタンを押すとアニメーションとして動きます。区分けにする長方形の数は最大100までとしています。区分求積値は長方形が上にはみ出る場合と下に入り込む場合の2パターンで構成されています。区分求積値は長方形の面積の総和で与えられます。小数点以下は10桁にしております。それではどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)