emathソースコード 2019年愛知県A 確率

今回は図だけです。愛知県のこれを真似てみました。

フォントサイズが11ptになってますのでそこをいじると図の中の文字サイズも変わります。拡大縮小はお好みで調節してください。

完成品はこちら。

プログラム自体は円と直線の交点を拾ってるだけです。大したことはしてません。それではどうぞ。

%Copyright Keiji Aiki.
\documentclass[11pt,a4j]{jarticle}
\usepackage{graphicx,color}
\usepackage{emathPs}
\usepackage{emathPh}
\setlength{\oddsidemargin}{-1.04cm}
\setlength{\textwidth}{740pt}
\pagestyle{empty}
\begin{document}
\LARGE
\fbox{\textcolor{red}{2019愛知県A:確率の問題}}

\Large

\begin{pszahyou*}[ul=12mm,haiti=T](-2.5,2.5)(-2.5,3.2)
\tenretu*{EE(0,2.6);FF(0,2.7);H(-0.1,2.3);I(0.1,2.3)}
\EnkoToubun\O{1.8}{90}{+}{5}{A,B,C,D,E}
\Put\A[c]{\scalebox{1.2}{\textbf{A}}}
\Put\B[c]{\scalebox{1.2}{\textbf{B}}}
\Put\C[c]{\scalebox{1.2}{\textbf{C}}}
\Put\D[c]{\scalebox{1.2}{\textbf{D}}}
\Put\E[c]{\scalebox{1.2}{\textbf{E}}}
\CandL\A{0.35}\A\B\P\Q
\CandL\B{0.35}\A\B\PP\QQ
\CandL\B{0.35}\B\C\R\S
\CandL\C{0.35}\B\C\RR\SS
\CandL\C{0.35}\C\D\T\U
\CandL\D{0.35}\C\D\TT\UU
\CandL\D{0.35}\D\E\V\W
\CandL\E{0.35}\D\E\VV\WW
\CandL\E{0.35}\E\A\X\Y
\CandL\A{0.35}\E\A\XX\YY
\En\A{0.35}
\En\B{0.35}
\En\C{0.35}
\En\D{0.35}
\En\E{0.35}
\ArrowLine<arrowsize={<.5>{12}{110}{150}}>\P\QQ
\ArrowLine<arrowsize={<.5>{12}{110}{150}}>\S\RR
\ArrowLine<arrowsize={<.5>{12}{110}{150}}>\U\TT
\ArrowLine<arrowsize={<.5>{12}{110}{150}}>\W\VV
\ArrowLine<arrowsize={<.5>{12}{110}{150}}>\X\YY
\Put\FF[n]{コマ}
\En*\EE{0.1}
\Put\EE{\Takakkei{\EE\H\I}}
\emPaint{\EE\H\I}
\end{pszahyou*}
\end{document}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)