おすすめの数学本

こんにちは。相城です。

今回はおすすめの数学の本として、西成活裕著の「とんでもなく役に立つ数学」をご紹介します。目次を見ると難しそうですが、内容はわかりやすく説明してくれています。ゲーム理論、ソリトン理論、セルオートマンなどをどんな時に使うのか、微分はどんなときに役立つのか書いてくれています。数学との向き合い方の参考になるかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)