Scratch(スクラッチ)とDJI Telloドローンを連携させる②

今回は前回の続きということでTelloをスクラッチで実際に動かしてみましょう。

まずプログラムですが、

簡単なものでいきましょう。

スペースキーが押されたら離陸→50㎝前進→360°回転→50㎝後退→着陸

Telloの電源を入れてパソコンの右下にあるWifiのマークを押すと

こんな感じで出てくると思います。

この中のTELLO-B5ED48 をクリックして接続します。

これでパソコンとTELLOがつながりました。

次にNode.jsのコマンドプロンプトを立ち上げます(下白枠)。

コマンドプロンプト上でTello.jsのある所にいきます。

私の場合は \Users\info\Desktop\scratch

にあるのでコマンドプロンプトで以下のように入力

このディレクトリで node Tello と入力してエンターを押すと次のようになります。

今回はポート8890に聞いたんだけどダメなのでもう1つのポート8889に聞いたらOKでした。

ってことですかね?通常1回でつながることが多いです。

これでTelloは動かせる状態になりました。

スクラッチの画面に行ってスペースキーを押すか、イベントブロックをマウスでクリックすると

プログラム通り動きます。

ちなみにコマンドプロンプトでは実行の様子が出力されています(下図)。

プログラムは少し異なりますが

スクラッチで動かした動画がこちら。

では室内で安全にドローンを楽しんでくださいね。

前回の記事はこちらからどうぞ。

Scratch(スクラッチ)とDJI Telloドローンを連携させる①

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)