Scratch(スクラッチ)とDJI Telloドローンを連携させる①

こんにちは。

スクラッチを使ってプログラミングによって

ドローンをコントロールしてみましょう。

コントロールするドローンはこちら

DJI Tello

インストールの概要の動画はこちら

まず必要なものをパソコンにインストールします。

必要なものが書いてあるサイトはこちら。

https://www.ryzerobotics.com/jp/tello/downloads

ここの Scratch READMEをクリックします。

するとpdfファイルが開きます。

この1、2、3をダウンロードしてインストールすればOKです。

 

まず1のリンクをクリックするとスクラッチ2.0のオフラインエディタのDLサイトに行きます。

Macユーザは注意書きのことを実行してください。

Windowsの方はそれを割愛して①のAdobe AIRをまずインストールします。

以下基本NEXTでインストールできます。

②のスクラッチ2.0のオフラインエディタのインストールです。

続行でインストールします。

以下のようにインストール時は英語になっていますので、

地球儀マークをクリックして言葉を選択します。

これでオフラインエディタの基本設定は終わりです。

ただこれだけではTelloは動作しません。

最初のpdfファイルに戻って2のNode.jsのインストールです。

リンクをクリックすると以下のサイトに行きます。

左側は推奨版、右側は最新版です。

左側の推奨版をインストールしてください。

ちなみに日本語サイトはこちら 私はこちらからダウンロードしました。

https://nodejs.org/ja/

また、最初のpdfファイルに戻って3のTello.jsとTello.s2eのダウンロードです。

クリックすると下のようにすぐにダウンロードが始まりますので、

保存して解凍(自動解凍されたのか?不明)してください。

おそらくデフォルトでデスクトップに保存されると思います(私はデスクトップでした)。

次に通常スクラッチのファイルを押すと以下のようなメニューになります。

しかし、Shiftボタンを押しながらファイルをクリックすると

次のようになります。

この最後のメニューの実験的なHTTP拡張を読み込みをクリックしてTello.s2eを読み込みます。

するとスクラッチのエディタの その他 のところにTelloを制御するコマンド群が現れます。

これらを使ってドローン(Tello)を制御していくことになります。

これで動かせる準備はできました。

次回はTelloとWifiのつなぎ方やプログラムについて書いていきます。リンクは下

Scratch(スクラッチ)とDJI Telloドローンを連携させる②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)